本文へスキップ

歯を削らない審美歯科、スーパーエナメル公式ホームページ!

スーパーエナメルは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

歯と健康のお話し3talk about teeth and health

119 インプラントとは ― インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療のメリットは、大きく次の4つが挙げられます。

あごの骨にしっかり固定するため、違和感なく咀嚼することができます。
噛む力を回復できるので、固いものを噛むことができます。
隣の歯を削る必要がなく、見た目が元の健康な歯に近くなります。
よく噛めることは、周囲の歯のみならず身体全体にとっても、良い影響を与えます。
特に3については、土台にするために健康な歯を削ってしまうと、削った歯の寿命は短くなってしまいます。そういったことが起こらないのは、インプラントの大きなメリットと言えます。
また、部分入れ歯では違和感が強く、自分の歯と同じようにものを食べることができないという問題が発生します。
その点、インプラントは他の歯を削らずに済み、自分の歯と同じようにものが食べられます。
「20歳の時に戻ったように食事ができる」のは、インプラント治療しかありません。
また、長期的な使用を考慮した場合、インプラント治療なら適切な定期メンテナンスや毎日の口腔ケアなどを行えば十年以上の継続使用も問題ないでしょう。
そういった優れた耐久性も、インプラント治療の大きなメリットと言えるでしょう。

インプラントの注意点


インプラント医療の注意点は、大きく分別すると、次の6点が挙げられます。
外科的な手術が基本的には2回必要。
骨量が十分でない場合はインプラント治療ができない。
最短でも2カ月、長い場合は1年以上掛かる場合もあるなど、治療期間が長い。
歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合もある。
治療後のメンテナンス(定期検診やブラッシングなど)がしっかりとできない人には向かない。
治療費が高額。(1本約35?50万円)
なお、1については、手術が1回で済む一回法もあります。
また、2については、骨を作る手術を実施すれば可能になる場合もあります。
最も注意が必要なのは、身体が不自由などの理由で、治療後のメンテナンスができないケースです。
インプラント治療は、治療後のメンテナンスが不可欠です。
メンテナンスを受けられない人は、インプラント治療は避けたほうが良いでしょう。
さらに、インプラント治療は手術を伴うので出血もしますし、場合によっては強めの痛みを感じることもあります。
また、外科的な手術ですので、100%の成功は難しいこともデメリットと言えるかもしれません。
しかしながら、失った歯を取り戻す手術ですので、このような注意点があることをご理解いただく必要はございます。
岡山でインプラント治療をお考えの患者様なら、お気軽に当院スタッフまでご相談くださいませ。
詳細にご説明させていただきます。

関連のお話し