本文へスキップ

歯を削らない審美歯科、スーパーエナメル公式ホームページ!

スーパーエナメルは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

歯と健康のお話し3talk about teeth and health

147. 二次う蝕って?

二次う蝕って?

歯科予防のあれこれ 虫歯,詰め物,再治療

こんにちは。愛歯科医院です。

突然ですが、皆さんは治療済みの歯がまた虫歯になってしまった

という経験はありませんか?

詰め物やかぶせ物のある歯が再び虫歯になることを「二次う蝕」といいます。

40代以降になると「二次う蝕」つまりやり直しの治療のほうが多いといわれています。古くなった詰め物やかぶせ物のまわりにできた小さな隙間に細菌や酸が入り込んで、歯の内部に虫歯が広がってしまいます。

目では直接見えないので気がついた時にはひどく広がっていて、抜歯が必要になってしまうこともある厄介な虫歯です。歯と修復物とのわずかな隙間は、お口の中という過酷な環境で刻々と変化しています。

修復物の耐久性は治療後のお口の環境に大きく左右されるのです。歯の治療が終わり、おいしく食べられるようになったら、予防型に切り替えて良い状態を維持していくことが大切です。

治療を長持ちさせずっと快適なお口で過ごすためにも毎日のセルフケアと定期メインテナンスで歯を守っていきましょう!

スマイル創造空間・愛歯科医院スタッフブログ 2015年02月17日より転載
前のお話し
次のお話し
関連のお話し