本文へスキップ

歯を削らない、痛くない、世界標準の審美歯科、スーパーエナメル!

スーパーエナメルへは登録商標です。お近くの認定歯科医院までお問合せ下さい。

お問合せはこちらから

よくあるご質問frequent questions

よくあるご質問

Q:素材は何ですか?

A:ヨーロッパのリヒテンシュタイン公国にあるivoclar社のe.max pressという素材を使用しています。これは、従来のセラ ミックべニアの約4倍の400MPaという強度を持つ、二ケイ酸リチウムというガラスセラミックの一種で、生体親和性安定性も優れた安心安全の素材です。


Q:スーパーエナメルは歯を削らなくてもいいということですが、本当ですか?

A:はい、多くのケースで歯を削らず貼り付けることが可能です。
従来は、歯を綺麗にしたい場合、0.5mm以上歯を削る必要がありました。しかし、スーパーエナメルは、極薄に作ることが可能ですから多くの場合、歯を削る必要がありません。
また、歯を削る必要がないので麻酔も必要ありませんし、仮歯も必要ありません。
ご自身の歯にとって優しい審美歯科治療法です。


Q:従来のラミネートべニアと何が違うのでしょう?

A:治療コンセプトがまったく異なります。
従来のラミネートべニアは、歯を削って素材と歯との接着力を期待して作られていました。が、スーパーエナメルは、歯をできるだけ削らずに審美性を高めることが可能なため、また、歯の凸凹も積極的に利用することで、物理的な安定も利用してますから、より安定した維持力で歯に貼りつけることを目指しています。
歯茎の際のエナメル質が薄い部位のエナメル質も積極的に残せるため、長期的な歯のトラブルに対処しやすくなっています。

Q:スーパーエナメルは半永久的ですか?

A:半永久的な修復物ではありません。
スーパーエナメル自身はセラミックですから科学的に非常に安定しており着色・変色・すり減りなどはせず半永久的に綺麗な状態で保つことが可能です。しかし、患者さん自身の咬み癖によって、歯が強く当たる場合は、歯も削れるように極薄のセラミックにも支障が生じてくる可能性があります。

Q:スーパーエナメルをつけた後の歯磨きは難しいですか?
  歯磨きでつけたスーパーエナメルが傷ついたりしませんか?

A:歯磨きはとても簡単に行えます。多くの経験者の方からお手入れがしやすいと大変好評をいただいております。変色・着色の心配がなく歯垢や歯石が付きにくく、歯茎にとっても親和性が高いので清潔な状態が保てます。
ただし、コンタクトエリア(隣接面=歯と歯の間)はデンタルフロスを使用していただくことが大事ですし、マージンライン(歯茎の際)はワンタフトのソフトなどの補助用具を使用されたほうが長期にわたって歯を健康に保てます。
デンタルフロスは日本人は習慣がない人が多いですが、健康なお口を保つための基本です。


Q:上の前歯のすきっ歯を隠したいのですが、
  2本だけで治療すればいいのですか?

A:隙間を隠したいのでしたら、別の手法も選択肢に上がると思います。例えば、ダイレクトボンドというレジン(樹脂)で隙間を埋めるという手法です。
スーパーエナメルのコンセプトは出来るだけ削らずにより綺麗な状態をできるだけ長期的に保とうというものですから、スマイル全体のバランスを悪化させる結果になるようでしたらあまりお勧めできません。
2本だけでとお望みの場合、歯を削って行う普通のべニアやダイレクトボンド、このスーパーエナメル療法のどれが一番綺麗になれるか口腔内でシミュレーションをしてもらうなどをして、主治医とよく相談されることをお勧めします。


Q:歯ぎしりをしているようなのですが、大丈夫ですか?

A:歯ぎしりしているかどうか、その程度やその破壊力は、模型診断すれば適切に診断できます。ですからこのような人の場合、歯科医による事前の診査診断が非常に大切です。
スーパーエナメルは歯の表面に貼るだけの治療法ですから、エクステンションと言って歯を長くする設計にしなければそれほど問題にならないケースが多いです。
ただし、素材は400MPaと歯のエナメル質程度の硬さがありますが接着強度は30MPa程度(現在の接着歯科の限界がこの数字です)です。何か問題があれば外れてしまいます。夜間歯を守るナイトガードで対応するか、別の歯にガイドを作るなどして対応するケースもあります。
いずれにしても高度な技術力が必要になりますから、取扱い歯科医院できちんと診査診断説明を受けられる必要があります。

Q:通院は2度とありますが、本当ですか?

A:審美歯科治療ですから、基本的な治療が済んでいないお口であればその治療が終わってから2度の来院で可能ということです。
例えば、虫歯が放置してあればその治療を先行して行う必要があります。
歯周組織のコントロールが十分できていないとそのコントロールを先行して行う必要があります。
病気のないお口の状態であれば、2度の来院だけで治療が可能です。
すぐに適用可能かどうかは、お近くの歯科医院できちんと診査診断してもらってください。

Q:認定歯科医院以外でスーパーエナメルの治療は受けられますか?

A:スーパーエナメルは認定歯科医院のみで施術が受けられます。また、認定歯科医院で施術され、提携ラボ(技工所)で制作したスーパーエナメルには品質を管理するために、すべてシリアルナンバーで管理しております。認定歯科医院以外の歯科医院で受けたり、シリアルナンバーのない製品につきましては、品質等について、当サイトならびにスーパーエナメル認定歯科医院で保証するものではありません。
審美歯科治療スーパーエナメルは、スーパーエナメル事務局の指導の下、提携ラボ(技工所)で制作られた高品質の極薄べニアにより施術されたものに限られます。

Q:スーパーエナメルと巷によくあるCRべニアは何がどう違うのですか?

A:スーパーエナメルは素材が高強度のガラスセラミックなので生体親和性が高く歯周組織に為害性がない、また素材は口腔内で変性しないので半永久的。とてもよいものなのだが、技工も施術も非常に難しいので、高額な治療になりがち。素材は永久的な素材だが、噛みあわせは加齢とともに変化するのでそのギャップなど何かトラブルがあった場合は削合は出来るが同素材では継ぎ足せないので基本的にヤリカエが必要になる。そのため世界ではセレブの治療法と言われている。
CRべニアは歯科用コンポジットレジン(セラミック粉末混和型樹脂)なので、硬さは歯に劣るが弾性があるので取扱いが簡便。チェアーサイドで行うものと違い技工操作が基本だが、仮にもし不適な部位があっても継ぎ足しや盛足し、調整・削合・研磨が手軽に出来るため汎用性が非常に高い。吸水性はゼロではないので生体親和性がセラミックに比べ劣るが、口腔内でも容易に調整可能なので多くの場合問題になることはない。経年的な変質と変色は以前のものと比べると格段に少なくなってきている。

Q:スーパーエナメルとコンタクトベニアはどう違うのですか?

A:スーパーエナメルはe.max pressで作製されるため、400Mpaの強度をもっており、気泡の迷入がない、信頼性の高い素材で作製した極薄ベニアで、コンタクトレンズべニアのような治療法です。 コンタクトレンズべニアの強度を上げて素材の信頼性を高めたそういう感じのものです。
キャラクタライズはグレーズの際に行える程度ですから、1本だけ綺麗にしたいという場合は従来のコンタクトレンズべニアのほうが色調を調和させやすいと思います。
スーパーエナメルは極薄のガラスセラミックを歯1本1本の表面につけ爪感覚で貼りつけるので、フロスを通して清掃していただくことがとても大事です。1本1本別々に貼るので違和感はほとんどないとよく言われますから新しい自分の歯のように馴染みやすい点も好評です。

Q:嫌になったり飽きたら外すことはできるのですか?

A:これは、出来ます。
外してもご自身の歯がそのままの形で残っていますから元に戻るだけです。それがよくあるべニア(歯の唇側を一層削ったり、大きく削ったりしてべニアを貼る方法)とは異なる点です。
基本的には矯正治療のブラケット接着と同じ原理で接着します。
ですから外す際はブラケットを削って外す感じで、スーパーエナメルと接着に使用した樹脂を削り取ります。
削り取る際は目視でも十分歯と接着剤の樹脂の見分けはつきますから外す際にご自身の歯が削られてしまう心配もありません。
ですから、何度でも付け替えることが可能ですから色が白すぎて加齢とともに違和感を感じるようになった場合新しく色調を変えてやり替えることも可能です。
矯正治療のブラケットをしたことがあればわかると思いますが、ブラケットを貼った面は樹脂を含浸した状態になっていますから虫歯になる心配もありません。